FXの基礎知識について紹介しています。

FXと経済指標

FXの基礎知識について学ぼう


HOME >> 経済指標を確認する事が大事



経済指標を確認する事が大事


どんな規模であっても、FX投資にあたって忘れないようにしてほしい事は、基本的に経済指標の発表日程は非常に重要な要素であるため必ず確認しましょう。

有名な経済指標の発表と同時に、相場が意思を持つかのように大きな動きをすることがありますから、用心するに越したことはありません。

FXで使えるアプリは沢山ありますが、経済指標の発表前に忘れないように教えてくれるものもありますし、FX業者が、利用者のために忘れないようにアラート機能を提供しているので、利用するのも有効です。

さてFX投資の世界に足を踏み入れたいと思い立った場合、どのくらいの金額があればいいかといいますと、業者に口座開設をする時か、もしくは取引をする時に最低証拠金を預ける必要があり、どこのFX業者を利用したいかによって金額は違ってくるわけです。

具体的な金額としては100円の業者があったり中には、5万円、10万円という所もあるのです。

そして最小取引単位についてですが、これも業者で違っており、1000通貨だったり10000通貨になっているところもありますが、あまり大きな金額を動かすのは不安がある、FXの経験がないなどの場合はとりあえず1000通貨にしておくとそう大きく間違うことはないでしょうからおすすめです。

投資というジャンルの中のひとつに、FXがあり、その中の大事なシステムに強制ロスカットというものがあります。

決済できずに含み損を抱えているポジションがあった場合、それが許容されている基準を超えてしまうと、FX会社側のシステムによって自動的に強制決済が行われる仕組みのことです。

そう聞くとちょっと恐くなってしまいますが、いきなり強制ロスカットが行われるのではなく、それを知らせるマージンコールが発生するので追加でFX口座に証拠金を入金することで不本意な強制ロスカットを回避することもできます。

この強制ロスカットの行われる基準となる証拠金維持率ですが、FX業者ごとに違うので留意してください。

FXに限らず他のいろいろな投資と同じく、損切りは大事な手法です。

投資というのはその性質上、損をすることが全くない、などということはある訳がないのです。

損は出るものとしていかにそれを小さく抑えるかは先々、FX投資で利益を出し続けていけるのかという部分で相当重大な問題となってくるといっていいでしょう。

被る損失を大きくしないように、どこで損切りするのか決めておき、絶対にそれを曲げたりせず徹底して守ってください。

もしも年間20万円以上の利益をFX投資で得ることができたなら、確定申告を確実に行うようにするべきです。

申告手続きに際し、外国為替証拠金取引の際に、否応なしにかかることになる様々な費用は経費として利益となった分からマイナスしておくことができます。

また、思ったように利益を増やせなかった時でも、とりあえず確定申告は済ませておくと、出した損を3年間繰り越せる、繰り越し控除のルールがありますので、FXでこれから利益を上げていく心積もりでいるとしたら、ここはやはり確定申告をしておくことが必要です。

主婦でありながら、FX投資で大金を得た人もいますが、主婦の中には、逆に大損により家庭崩壊した人も少なくありません。

FX投資の特徴として、レバレッジが使えるので、大きな儲けが出る反面、失うものも大きくなってしまうのです。

FX投資をする際に、夫に内緒にしたり、本当に大切なお金までつぎ込まないように用心してください。

レバレッジを小さくして、注意をもって投資するのがオススメです。

FX投資のやりかたのひとつとしてサヤ取りという手法が存在しています。

サヤ取りは相関性の高い通貨ペアの値幅が開いた時を見計らって、それぞれを有利な条件で売買することで儲けを出すという方法です。

投資家の中にはスワップ金利を利用してサヤ取りをしている方々もいらっしゃいますが、慣れるまではどちらの方法も利益は見込めないかもしれません。

何はともあれ、システムと注文の方法をインプットしましょう。

さてFXの運用で利益を出せた場合のことですがもちろんそれは課税対象なので、税金の払い忘れがないよう気を付けるべきでしょう。

多額の利益をFX投資で得ることができたのにそれを申告しなかったり忘れてしまう人もいて中には、税務署に詳しく調査されて税金を追加で支払うことになった人も存在するのです。

金額としては20万円、それより大きな利益を得た場合には、確実に確定申告をしておく必要があります。

ただやみくもに運頼みでFX投資を行ってもそう簡単には利益を出していけないので、チャートを読み解く分析力は必要です。

より機能のいいチャートソフトや最近ではスマホ用のチャートアプリも多いので、自分に合ったものを見つけて、売り買いにベストなタイミングを導き出すとよいです。

それに、チャートの動きをどう受け止めればよいかについては、いろいろなテクニックやそれに関するレクチャーもありますので、概ねを学んでおくのがおすすめです。

あまたFX業者は営業してますから、業者をうちからどこを選び口座を設けるのかをしっかりと比較検討してください。

口座開設を行うのはさほど苦労のいるものではありませんが、多くの業者で口座を作ると多くの口座に注意が散漫し苦労します。

とある業者で新しく口座開設を行うとキャッシュバックなどといったキャンペーンに惑わされないで、それぞれのスタイルに合ったFX業者を選び出しましょう。

FX投資はFX業者に口座を開設して始めますから、まずはいろんなFX業者を比較してみて、投資可能額、投資法、それらによく適した業者をじっくり選びましょう。

業者をどこにするかで損益は変わってきますので、簡単に考えない方がいいです。

大方の業者でそうなっていますが取引手数料が無料なこと、それにスプレッドが狭くて、最低取引単位が小さいことが使い勝手の良い業者です。

加えて、取引に実際に使うツールも機能などに違いがあるので口コミの評判を読んだりデモ取引をしたり諸々試してみるとわかることも多いでしょう。

スマホやタブレット端末といったモバイルデバイスを操って隙間の時間にFX投資をする人が大勢いるようです。

なにしろ帰宅してPCの前に座ってチャートを見たりするより便利で、場所や時間にとらわれることなくFXができるのは大変なメリットです。

スマホで使えるチャートアプリなどもかなりよいものが出てきていますので、あまり経験のない人でも取引は容易に行えるようです。

これからはさらに持ち歩けるスマホやタブレットをFX投資に使う人々は増加していくばかりでしょう。

タブレット端末やスマホを使ってのFX投資が増加の一方を辿るに従い、それに対応してFX関連アプリをリリースする業者も相当多く見られるようになりました。

それらの内いくつかの業者は、自社の提供するFX投資用アプリを使ってFX投資をスタートすることで、特典を得られるようなキャンペーンを実施するところも出てきています。

ネットの口コミを見聞したり実際の使用感を試してみたりしてじっくり比べて、自分なりに使いやすいアプリを選び出してみるのが良いでしょう。

一日中それこそ24時間取引ができる強みを持つFX投資ですが、それでも24時間のうち相場が特に動きをみせる時間帯もあるのです。

世界的規模で取引が活発なロンドン市場とニューヨーク市場が開いている時間、日本の時間にすると21時頃から午前2時のあたりに相場が動き取引が活況となりやすいです。

これとはまた別に相場が動く要因ですが、アメリカの雇用統計、各国GDP、政策金利など経済指標の発表の影響で大きな為替相場の変動があったりするので、注目しておかなければいけません。

相場の動きと関係の深い重要な経済指標の発表はいつなのか調べておくと良いですね。

多くのFX業者はFX取引を始めたい人のために実際の取引と同じ画面で疑似体験できるデモトレードを設置していますので、必ず一度は試用してみるべきです。

デモトレードは実際の取引と同様に行えますが、あくまでもデモなのでミスしても絶対に損が出ることはありませんし、その業者でFX取引に使用するツールそのものの扱い方を学べるのは大きいです。

あまり性急に手持ち金を使って本物のFX投資を始めてしまうのは大変無謀ですから、FX取引がどういうものかを感覚的に理解できるようになるまでデモトレードでのバーチャル取引で基本のテクニックを磨きましょう。


関連記事です




Copyright (c) 2014 FXの基礎知識について学ぼう All rights reserved.

▲TOP