FXの基礎知識について紹介しています。

強制ロスカット

FXの基礎知識について学ぼう


HOME >> 強制ロスカットについて



強制ロスカットについて


FXにおける重要なシステムの一つに強制ロスカットというものがあります。

決済せずにどんどん増えていく含み損が決められていたレベルに達すると、保有しているポジションを強制的にFX業者側で決済されてしましまいます。

ただし、強制的なロスカットが行われる水準に近づくとそれを知らせるマージンコールが発生するので追加でFX口座に証拠金を入金することで強制ロスカットが行われるのを避けることが可能です。

この強制ロスカットの行われる基準となる証拠金維持率ですが、FX業者ごとに違うので留意してください。

FX業者は世に多くいますから、どの業者を選んで口座を作るのかを丁寧に吟味してください。

FXのための口座を開くのは言うほど苦労のいるものではありませんが、いろいろな業者を使い口座開設を行うと多くの口座に注意が散漫し苦労します。

初めて口座を開くとキャッシュバックの言葉で誘うキャンペーンに引っかからないで、あなたに似合うFX業者をチョイスしましょう。

主婦でありながら、FX投資で大金を得た人もいますが、逆に大きな損失を出し、家庭を崩壊させてしまう主婦も少なくありません。

FX投資の特徴として、レバレッジが使えるので、利益が大きく出る反面、損をする際も大きくなってしまうのです。

夫に言わずに、FX投資をしたり、失っても良いお金だけを使うように心してください。

低めのレバレッジにして、良く考えながら、投資するのが賢明です。

FX投資のやりかたのひとつとしてサヤ取りという方法があるのをご存知でしょうか?サヤ取りの仕組みは、関連性のある二つの通貨ペアの値段に幅が出来た際、割高なほうを売り、割安なほうを買うことで利潤を期待するという考え方です。

サヤ取りを選ぶ方にはスワップ金利を使う人もいますが要領を呑み込むまではどちらにしてもなかなか利益はでないと思われます。

手始めに仕組みと注文のしかたをご理解願います。

何もわからない五里霧中の状態で運に任せてFX投資を試しても利益を得ていくことはなかなか難しいですから、やはりチャートの分析をするなどの努力が必要です。

機能が高く見やすいチャートソフトもいろいろ出てますしアプリも豊富ですので、しっくりくるものを少し探してみて、売り買いを行うチャンスを見極めるのがよいでしょう。

それだけでなく、チャートの分析に関する諸々の技術やコツなども、広く知っておくと必ず役に立ちます。

数十社ほどもあるFX業者のその大方はデモトレードという、実際の取引と同じようにツールを操作して疑似取引できるシステムがあるはずですので、使ってみることを強くおすすめします。

あくまでデモンストレーションですからどんなに下手な手を打とうとまったく損をするわけではないですし、なによりチャートをはじめとする業者ごとのツールの使い勝手を知ることができます。

手持ちの大事なお金をいきなり動かしてFX投資に手をつけるというのは多大なリスクを伴いますので、手順ややり方にある程度慣れるまでデモトレードを活用するのが良いでしょう。

株式投資や不動産投資などどんな投資でも同じなのですがFX投資においても、損切りは大事な手法です。

投資というのはその性質上、利益のみ受けられるわけはなく、損は必ず被ることになります。

損失はどうしても起こるのですがそれをどの程度に抑えられるかは投資の世界で長くやっていけるかどうかというところにおいて大変重要なポイントとなることは間違いありません。

損を被った時にそこから傷を広げないよう、損切りをどこでするのか自分でルールを作っておき、作ったそのルールを曲げたりせず徹底して守ってください。

年間20万円超の利益をFX投資によって出すことができたなら、確定申告を忘れないようにしましょう。

申告手続きに際し、外国為替証拠金取引で投資をする上で必要となる諸々の費用は経費として得られた利益の分から差し引いて計算します。

またもし、利益をそれ程得ることがなかった場合であっても、面倒がらずにきちんと確定申告をしておきますと、損失を3年間に限って繰り越せる仕組みになっていますから、この先々において損失が利益に転じる展望を持っているのなら、やはり確定申告はしておくべきでしょう。

他の金融取引とは違うFX投資の特徴の一つとして24時間取引できるというのがありますが、24時間のうち特に相場がよく動く時間というのはあります。

世界的規模で取引が活発なロンドン市場とニューヨーク市場が開いている時間、日本ではおよそ21時あたりから始まり午前2時頃まで続く時間に活発に為替が動いて取引が盛んになっているようです。

相場が動くのはもちろん決まった時間帯だけでなく、各国GDPや政策金利といった経済指標の値が発表されることで大きな為替相場の変動があったりするので、気を付けておかなければなりません。

重要な経済指標の発表日は調べておくと良いですね。

投資の中でもFX投資をしているのならば、今後を決める非常に重要なものが経済指標の発表日程になるので、忘れずに確認したほうがよいでしょう。

経済指標の発表に連動するかのように、感情を持っているかのように相場が変動することがあるため、用心するようにしましょう。

たくさんあるFXアプリの中には経済指標の発表前にうっかりしていても安心できる機能がついているものもありますし、アラートメールを発信してくれるものもありますので、ベストです。

FX投資をスマホやタブレット端末で行う人が相当多くなってきて、業者によるFX用アプリの提供も同じ様に増えてきています。

それらの内いくつかの業者は、自社の提供するFX投資用アプリを使って取引を始めることを前提に、キャッシュバックなどのメリットを享受できる期間限定キャンペーンを行っていることがあります。

とにかく実際に使って試してみたり口コミを探してみたりしてじっくり比べて、使い勝手の良いアプリを入手してみるのがおすすめです。

比較的気軽に始めやすいFX投資ですが、まずたくさんあるFX業者を注意深く比べて、自分の投資のやり方や投資額に合う会社をしっかり考えて選ぶべきでしょう。

業者の選択によっては利益の出方も変わるかもしれませんので、熟考を重ねましょう。

FX業者は手数料が無料なのが普通になってきましたので、無料であることを確認しスプレッドが低く、最低取引単位が小さいところを選ぶと準備資金も少なくて済み使いやすいはずです。

意外と重要ですが、各業者で特徴の異なる取引ツールも操作性を知るためにデモ取引をしたりなど諸々試してみるとわかることも多いでしょう。

最近、小型PCといってもいいタブレット端末やスマホを使い、FX投資に時間を使う人も相当増えてきたようです。

家でノートやデスクトップを起動させてソフトを呼び出してやっと取引をスタートさせるよりずっと楽で、時と場所に縛られることなく行えるのが大きなメリットです。

チャートアプリなども大変充実してきましたので、FXは始めたばかり、という人でもすぐ取引を行えるようになります。

どうやらこの先はさらにFX投資にモバイル機器であるスマートフォンやタブレット端末を使う人々はその数を増やしていくのではないでしょうか。

さてFXの運用で利益を出せた場合のことですがもちろんそれは課税対象なので、「知らずに脱税してしまった」などということのないよう細心の注意を払っておきましょう。

大きな利益を狙いやすいFX投資で利益を上げ、それを申告せずに放置してしまい、税務署から税務調査されてしまって税金を追加で支払うことになった人も存在するのです。

金額の目安は20万円以上と考えておけばいいでしょう。

それ以上の利益を出した場合には、忘れずに確定申告を行うようにしましょう。

どの位の金額を最初に用意しておけばFX投資が始められるのかは、口座を作る時か取引を始める時に最低証拠金が要ることになっていますので、どこのFX業者を利用したいかによって用意したい金額は変わってきます。

その最低証拠金ですが業者によっては100円だったり中には、5万円、10万円という所もあるのです。

そして最小取引単位についてですが、これも業者で違っており、1000通貨だったり大きな額の取引になる10000通貨単位のところもあるのですが、FX投資が初めての方は1000通貨単位での取引可能なところにしておくとリスクを小さくできるかもしれません。


関連記事です




Copyright (c) 2014 FXの基礎知識について学ぼう All rights reserved.

▲TOP