FXの基礎知識について紹介しています。

FXアプリ

FXの基礎知識について学ぼう


HOME >> FX用アプリの活用



便利なFX用アプリ


FX投資をスマホやタブレット端末で行う人が相当多くなってきて、業者によるFX用アプリの提供も増え続けています。

それらの内いくつかの業者は、自社の提供するFX投資用アプリを使って投資をスタートさせると、特典を得られるようなキャンペーンを実施するところも出てきています。

案外当てにできるネット上の口コミを参考にしたり、自分でも使ってみるなどしてあれこれ存分に比べ、自分に合うアプリを入手してみるのがおすすめです。

FX取引を行うにあたって絶対にお付き合いが必要なFX業者ですが、ほぼすべての業者はFX取引をバーチャル体験できるデモトレードを備えていますので、これは必ず使ってみるようにしましょう。

あくまでデモンストレーションですからどんなに下手な手を打とうと懐は痛みませんし、その業者の取引ツール自体の操作に慣れることができます。

深謀遠慮しないうちに大事な手持ち金を使ってFX投資を始めてしまうのは少々無鉄砲な行為ですので、ツールを操作して売買のやり方を覚えられるようになるまでせっかくのデモトレードですからじゅうぶんに活用しましょう。

人気のFX投資ですが始めようとするならまず、利用したいFX業者をよく見極めて、自分の投資のやり方や投資額に合う会社を選択しなければなりません。

どの業者を選ぶかは利益の大小に関わってきます。

なので、簡単に考えない方がいいです。

最近は殆どの業者がそうですが取引手数料が無料であること、スプレッドが低くなっており、最低取引単位が小さいところだと準備資金が少なくて済むので初心者に向きます。

それから頻繁に使うため、意外と重要視したい取引ツールも業者ごとに違ってきますので操作性を知るためにデモ取引をしたりなど諸々試してみるとわかることも多いでしょう。

FXにおける重要なシステムの一つに強制ロスカットというものがあります。

決済できずに含み損を抱えているポジションがあった場合、それが許容されている基準を超えてしまうと、FX会社側のシステムによって自動的に強制決済が行われる仕組みのことです。

そう聞くとちょっと恐くなってしまいますが、いきなり強制ロスカットが行われるのではなく、それを知らせるために事前にマージンコールが発生し、不足分の証拠金を追加で入金すると強制的な決済を回避することも可能です。

注意点としては、強制ロスカットの基準となる証拠金維持率というものはFX業者ごとに違うので留意してください。

FX投資に限らないのですが投資の世界においては、損切りという手法はとても大事です。

投資というのはその性質上、利益だけが積み上がって損はない、という状態は絶対にありません。

どうしても出てしまう損失ですがそれをどの程度に止めることができるかは投資の世界で長くやっていけるかどうかというところにおいて相当重大な問題となってくるといっていいでしょう。

ダメージを最小限にするために、自分で損切りルールを決め、絶対にそれを破ったり無視したりしないようにしましょう。

流行りのFX投資ですが、これで利益を出すことができたらもちろんそれは課税対象なので、税金の払い忘れがないよう気を配っておくことが大事です。

巧みなFX運用で大きな利益を得てもそのことを申告しないでいたために、税務署から税務調査されてしまって追徴課税に応じなければならなくなった人もいるのが現状です。

具体的には20万円より多い利益を出せることができた時には、忘れずに確定申告を行うようにしましょう。

株式投資などにはないFX投資のメリットとして24時間取引可能という点がありますが、それでも24時間のうち相場が特に動きをみせる時間帯もあるのです。

取引高世界一のロンドン市場と世界金融を牛耳るアメリカのニューヨーク市場が開いている時間で、日本では大体21時〜午前2時の間あたりは為替相場が活発に動いており、取引がやりやすくなるようです。

これとはまた別に相場が動く要因ですが、アメリカの雇用統計、各国GDP、政策金利など経済指標の発表の影響で為替相場の変動が大きくなる場合も多く、留意しておく必要があります。

ですから経済指標の発表がされるのはいつなのか知っておくべきでしょう。

もしも年間20万円以上の利益をFX投資で得ることができたなら、確定申告を確実に行うようにするべきです。

確定申告にあたり、外国為替証拠金取引で投資をする上で必要となる諸々の費用は経費として得られた利益の分から差し引いて計算します。

そしてもし、思った程利益を上げることができなかった場合であっても、とりあえず確定申告は済ませておくと、翌3年にわたって損失の分を繰り越していける決まりがありますから、FXでこれから利益を上げていく心積もりでいるとしたら、ここはやはり確定申告をしておくことが必要です。

FX投資のやりかたのひとつとしてサヤ取りという手法が存在しています。

サヤ取りの仕組みは、関連性のある二つの通貨ペアの値段に幅が出来た際、それぞれを有利な条件で売買することで利益を得るという考え方です。

サヤ取りを選ぶ方にはスワップ金利を使う人もいますがどちらの手法も要領を掴むまでは儲けを出すのは難しいかもしれません。

何はともあれ、システムと注文の方法をインプットしましょう。

FX業者は数え切れないほど世に出ていますから、どれを選んで口座を開設するのかを丁寧に吟味してください。

口座を設けるのは想像よりも厄介なことはありませんが、数多く口座開設すると管理をするのが面倒になります。

初めて口座を開くとキャッシュバックといった具合のキャンペーンに誘われないで、あなたに似合うFX業者をチョイスしましょう。

どの位の金額を最初に用意しておけばFX投資が始められるのかは、最低証拠金とか最低保証金と呼ばれるお金を業者に預けることになっていて、FX業者をどこにするか選択次第で違う金額になります。

その最低証拠金ですが業者によっては100円だったり中には、5万円、10万円という所もあるのです。

もう一つ、最小取引単位の数字も業者により違い、1000通貨にしているところもありますしその10倍の10000通貨の業者もありまして、FX初心者でどうしようか迷ったら1000通貨のところを選ぶと大きな間違いはなさそうです。

主婦の中にはFX投資で大金を儲けた方もいますが、主婦の中には、逆に大損により家庭崩壊した人も少なくありません。

FX投資では、レバレッジが使用できるので、儲けが大きく出ることと同じように、逆に損をする際も大きくなってしまうのです。

FX投資をする際に、夫に内緒にしたり、なくしてしまっては困るお金までつぎ込まないように慎重にしてください。

レバレッジを低めに設定して、良く考えながら、投資するのが賢明です。

何もわからない五里霧中の状態で運に任せてFX投資を試してもそうそう利益はあげられないでしょうから、チャートを読み解く分析力は必要です。

機能が高く見やすいチャートソフトもいろいろ出てますしアプリも豊富ですので、探して使ってみて、売買のよりよい機会を導き出すとよいです。

それに加え、チャートへの理解を深めるために分析方法のいろいろなテクニックやそれに関するレクチャーもありますので、概要をつかんでおくことは決して無駄にはなりません。

ここ最近よく見られますが、タブレットでFX投資をしている人が多くなってきました。

なにしろ帰宅してPCの前に座ってそれからチャートを呼び出してなどという手順は踏まずに済み、場所と時間を選ばないのが最大の長所でしょう。

チャートアプリなども大変充実してきましたので、あまり経験のない人でも取引は容易に行えるようです。

これ以降はさらに一層、スマートフォンやタブレット端末を使って自在にFXをする人は増加していくばかりでしょう。

どんな規模であっても、FX投資にあたって忘れないようにしてほしい事は、基本的に経済指標の発表日程は非常に重要な要素であるため確認をしっかりしておいたほうがよいです。

有名な経済指標の発表と同時に、相場が意思を持つかのように大きな動きをすることがありますから、用心するに越したことはありません。

FXで使えるアプリは沢山ありますが、経済指標の発表前にアラートしてうっかりミス防止に役立つものもありますし、FX業者が、利用者のために忘れないようにアラート機能を提供しているので、利用するのもベストです。


関連記事です




Copyright (c) 2014 FXの基礎知識について学ぼう All rights reserved.

▲TOP