FXの基礎知識について紹介しています。

FXの初期費用

FXの基礎知識について学ぼう


HOME >> FX投資の初期費用



FX投資の初期費用


FX投資を始めようとする際に金額はどれ程用意したらいいかというと、業者に口座開設をする時か、もしくは取引をする時に最低証拠金を預ける必要があり、利用したいFX業者によって金額は違ってくるわけです。

その最低証拠金ですが業者によっては100円だったり5千円〜5万円の所もあって割と色々です。

さらに、最小取引単位についても業者によって違います。

1000通貨のところもあり高額の取引になる10000通貨の業者もあり、FX投資が初めての方は1000通貨単位での取引可能なところにしておくとそう大きく間違うことはないでしょうからおすすめです。

ひとつの方法として、FX投資の手法の中にはその中でもサヤ取りという手段があります。

サヤ取りというのは、関連性のある二つの通貨ペアの値段が開いたタイミングを狙って、一方を売って一方を買うことで売り上げを出すというものです。

投資家の中にはスワップ金利を利用してサヤ取りをしている方々もいらっしゃいますが、要領を呑み込むまではどちらにしても儲けを期待するのは難しいと思われます。

手始めに仕組みと注文のしかたをインプットしましょう。

FX投資はゲームやギャンブルとは違ってただ勘に頼るとそうそう利益はあげられないでしょうから、チャートを読み解く分析力は必要です。

フリーでも高機能のチャートソフトやアプリもいろいろありますので、しっくりくるものを少し探してみて、売買のよりよい機会を大きく間違うことのないようにしましょう。

さらに、チャート分析におけるいろいろなテクニックやそれに関するレクチャーもありますので、あらましを知っておくのがおすすめです。

さまざまな投資がありますが、そのひとつにFXがあり、FXで取引を行う上で強制ロスカットという必ず知っておかなければならないシステムがあります。

決済できずに含み損を抱えているポジションがあった場合、前もって定められた水準を超えた場合、FX業者による強制的な決済が行われるのです。

一方的に決済されてしまうのは怖いと思ってしまいますが、強制ロスカットが行われる前には注意を促すマージンコールがかかり、知らせてくれるので追加でFX口座に証拠金を入金することで強制ロスカットが行われることを防ぐことができます。

強制ロスカットの基準になる証拠金維持率というのはFX業者が違えば証拠金維持率も異なるので気をつけてください。

FX投資はFX業者に口座を開設して始めますから、まずはいろんなFX業者を比較してみて、自分の投資のやり方や投資額に合う会社をじっくり選びましょう。

業者の選択によっては利益の出方も変わるかもしれませんので、軽々しく決めないでおきましょう。

最近は殆どの業者がそうですが取引手数料が無料であること、スプレッドが低くなっており、準備する資金が少なくて済むという点で最低取引単位が小さい業者は利用しやすいでしょう。

加えて、取引に実際に使うツールも機能などに違いがあるので操作性を知るためにデモ取引をしたりなどいろいろ体験してみるのがわかりやすいはずです。

タブレット端末やスマホを使ってのFX投資が増加の一方を辿るに従い、FX投資用アプリのリリースを行なう業者もかなり多くなってきたようです。

それらの内いくつかの業者は、自社の提供するFX投資用アプリを使って投資をスタートさせると、なんらかのメリットを受けられるキャンペーンを展開している所も出てきました。

とにかく実際に使って試してみたり口コミを探してみたりしていろいろと比べ、自分にとってよりベターなアプリを探してみると良いでしょう。

数十社ほどもあるFX業者のその大方はFX取引を仮想体験できる無料のデモトレードシステムを設けてありますので、これは是非とも使っておくのが良いです。

あくまでデモンストレーションですからどんなに下手な手を打とうと損が出ることはなく、その業者でFX取引に使用するツールそのものの扱い方を学べるのは大きいです。

性急に手持ち金を注ぎ込んで本物のFX投資を始めてしまうのは大変無謀ですから、FX取引がどういうものかを感覚的に理解できるようになるまでデモトレードでのバーチャル取引で基本のテクニックを磨きましょう。

FX業者はかなりの数が商売してますから、そのうちのどの業者で口座を開くのかをしっかりと比較検討してください。

FXのための口座を開くのは言うほど厄介なことはありませんが、いろいろな業者を使い口座開設を行うと多くの口座に注意が散漫し苦労します。

新しく口座を作るとキャッシュバックなどといったキャンペーンに惑わされないで、その人に適するFX業者を取捨選択しましょう。

首尾よくFX投資で利益を得ることができましたらそれは課税対象となりますから、ちゃんと正しい金額の税金を払うよう気を配っておくことが大事です。

巨額の利益をFX投資で手に入れたというのにそれを申告せずに放置してしまい、税務署から税務調査されてしまって税金を追加で支払うことになった人も存在するのです。

金額の目安は20万円以上と考えておけばいいでしょう。

それ以上の利益を出した場合には、絶対に確定申告を行っておくべきです。

他の金融取引とは違うFX投資の特徴の一つとして24時間取引できるというのがありますが、そうはいっても為替市場が特に活発になる時間帯は存在します。

世界的規模で取引が活発なロンドン市場とニューヨーク市場が開いている時間、日本ではおよそ21時あたりから始まり午前2時頃まで続く時間に活発に為替が動いて取引が盛んになっているようです。

相場が動くのはもちろん決まった時間帯だけでなく、各国GDPや政策金利といった経済指標の値が発表されることで相場に大きな変動が起こることもあり、これは要注意です。

いくつかの経済指標発表の日程については知っておくのがセオリーです。

FX投資の際は、経済指標の発表日程はとても大切ですから、きちんと確認することは勝利への一歩です。

有名な経済指標の発表と同時に、感情を持っているかのように相場が変動することがあるため、慌てずに対応できる心構えを持ちましょう。

FXで使えるアプリは沢山ありますが、中には経済指標の発表前にうっかりしていても安心できる機能がついているものもありますし、アラートメールを発信してくれるものもありますので、一つの方法です。

主婦でありながら、FX投資で大金を得た人もいますが、主婦の中には、逆に大損により家庭崩壊した人も少なくありません。

特徴的にレバレッジが使えるFX投資では利益として大きなものが得られますが、反対に損失も大きなものとなってしまうのです。

夫に隠してFX投資をしたり、必要なお金までつぎ込まないようによく考えてください。

レバレッジを低めに設定して、投資をする際には、慎重さを持つことをお勧めします。

スマホやタブレット端末といったモバイルデバイスを操ってFX投資に時間を使う人も相当増えてきたようです。

自宅に戻ってノートやデスクトップの電源を入れ取引を始めるよりもはるかに容易で、場所と時間を選ばないのが最大の長所でしょう。

スマホで使える便利アプリもどんどん増えてきてますし、あまり経験のない人でも取引は容易に行えるようです。

これ以降はさらに一層、スマートフォンもしくはタブレット端末、あるいは両方を使ってFX投資をする人々は増えていくことでしょう。

もしFX投資によって年間20万円を超す利益を得られた場合には、確定申告を確実に行うようにするべきです。

実際に確定申告を行うにあたって、外国為替証拠金取引の際に、否応なしにかかることになる様々な費用は経費として得られた利益の分から差し引いて計算します。

そしてもし、思った程利益を上げることができなかった場合であっても、とりあえず確定申告は済ませておくと、損失を3年間に限って繰り越せる仕組みになっていますから、この先、損失より利益を上回らせていくつもりなら、ここはやはり確定申告をしておくことが必要です。

株式投資など他の投資でも同じことですがFX投資では、ロスカットとも呼ばれる損切りはとても大切です。

トレーダーとして投資を続けていて、損をすることが全くない、などということはある訳がないのです。

損失はどうしても起こるのですがそれをどの程度に抑えられるかは先々、FX投資で利益を出し続けていけるのかという部分で大切なポイントとなるはずです。

受けるダメージをなるべく小さくするため、損切りの自分なりのルールを設定し、絶対にそれを破ったり無視したりしないようにしましょう。


関連記事です




Copyright (c) 2014 FXの基礎知識について学ぼう All rights reserved.

▲TOP