FXの基礎知識について紹介しています。

FXと税金

FXの基礎知識について学ぼう


HOME >> FXと税金



FXの利益も課税対象になる


ところでFX取引で順調に利益をあげることができたとするとそれは課税対象となりますから、税金の払いもれには細心の注意を払っておきましょう。

多額の利益をFX投資で得ることができたのにそのことを申告しないでいたために、詳しく税務署に調査された挙句、追加の税金を払う羽目になった人も実在します。

金額としては20万円、それより大きな利益を得た場合には、確実に確定申告をしておく必要があります。

FX取引を行うにあたって絶対にお付き合いが必要なFX業者ですが、ほぼすべての業者は実際の取引と同じ画面で疑似体験できるデモトレードを設置していますので、これは是非とも使っておくのが良いです。

デモトレードは実際の取引と同様に行えますが、あくまでもデモなのでミスしても損得は関係ありませんし、なによりチャートをはじめとする業者ごとのツールの使い勝手を知ることができます。

手持ちの大事なお金をいきなり動かしてFX投資に手をつけるというのは多大なリスクを伴いますので、手順ややり方にある程度慣れるまで少し手間をかけてデモトレードを繰り返しましょう。

FX投資で一儲けしたい方には、たとえ忙しくても経済指標の発表日程は忘れてはならないほど大切なので、忘れずに確認したほうがよいでしょう。

有名な経済指標の発表と同時に、感情を持っているかのように相場が変動することがあるため、用心するようにしましょう。

FXで使えるアプリは沢山ありますが、中には経済指標の発表前にあるのと無いのとでは大違い、アラート機能付きのものもありますし、利用するものはすべて利用したい方のためにFX業者によるアラートメールを利用してみるのも一つの方法です。

FX投資に限らないのですが投資の世界においては、損切りやロスカットともいわれる方法は大変重要視されています。

投資の世界に少し触れれば実感することですが、損をすることが全くない、などということはある訳がないのです。

損失はどうしても起こるのですがそれをどの程度に抑えられるかはこの先もFX投資を続けて利益を出していくつもりなら一番重要な鍵を握る点となるでしょう。

ダメージを最小限にするために、自分で損切りルールを決め、そのルールはトレーダーを守る大事なものなので一貫して守るべきです。

年間20万円超の利益をFX投資によって出すことができたなら、必ず確定申告をしておきましょう。

その申告の時に、FX投資に使った、例えば資料代なども含め諸々の経費は得た利益分から引いておけます。

またもし、利益をそれ程得ることがなかった場合であっても、とにかく確定申告はしておくことです。

そうすると、損失を3年間に限って繰り越せる仕組みになっていますから、損が出ていても先々利益を出すつもりなら、やはり確定申告はしておくべきでしょう。

一日中それこそ24時間取引ができる強みを持つFX投資ですが、そうはいっても為替市場が特に活発になる時間帯は存在します。

取引高世界一のロンドン市場と世界金融を牛耳るアメリカのニューヨーク市場が開いている時間で、日本ではおよそ21時あたりから始まり午前2時頃まで続く時間に活発に為替が動いて取引が盛んになっているようです。

相場が動くのはもちろん決まった時間帯だけでなく、各国GDPや政策金利といった経済指標の値が発表されることで為替相場が大きく変動することがあり、気を付けておかなければなりません。

少なくともいくつかの重要な経済指標が発表される日がいつなのか調べておくと良いですね。

FX投資により大金を手にした主婦もいますが、家庭崩壊させてしまうほど、大損をしている主婦も存在します。

FX投資においては、レバレッジが使用できるので、実際に、大きな利益が出る反面、失うものも大きくなってしまうのです。

夫に隠してFX投資をしたり、必要なお金までつぎ込まないように慎重にしてください。

レバレッジを低めに設定して、用心深く投資するのが肝心です。

FX投資をスマホやタブレット端末で行う人が相当多くなってきて、それに伴いFX用アプリをリリースする業者も増え続けています。

そういう業者のうちいくつかは、自社のFXアプリを使用してFX取引を行なうようにすると、キャッシュバックなどのメリットを享受できる期間限定キャンペーンを行っていることがあります。

案外当てにできるネット上の口コミを参考にしたり、自分でも使ってみるなどしてあれこれ存分に比べ、自分に合うアプリを入手してみるのがおすすめです。

近年では、FX業者は数多く存在しますから、どれを選んで口座を開設するのかを丁寧に吟味してください。

口座開設を行うのはさほど厄介なことはありませんが、いろいろな業者を使い口座開設を行うと口座の切り盛りが難しいです。

とある業者で新しく口座開設を行うとキャッシュバックといった具合のキャンペーンに誘われないで、自身に合ったFX業者を選択しましょう。

FX投資を始めるにあたりどの位のお金がいるのかというと、FX業者に口座開設の折、または取引をしようとする時に最低証拠金が必要となってくるため、利用したいFX業者によって金額は変わってくるのです。

必要とされる最低証拠金を100円と設定しているところもありますし5千円〜5万円の所もあって割と色々です。

それから、取引の最小単位についても業者によって異なり、1000通貨のところもあればその10倍の10000通貨の業者もありまして、あまり大きな金額を動かすのは不安がある、FXの経験がないなどの場合はとりあえず1000通貨にしておくと大きな間違いはなさそうです。

スマホやタブレット端末といったモバイルデバイスを操って隙間の時間にFX投資をする人が大勢いるようです。

なにしろ帰宅してPCの前に座ってそれからチャートを呼び出してなどという手順は踏まずに済み、時と場所に縛られることなく行えるのが大きなメリットです。

投資を便利に行うためのアプリも続々登場してきましたし、始めたばかりの人でもすぐに慣れることができるようです。

将来はより一層、スマートフォンもしくはタブレット端末、あるいは両方を使ってFX投資をする人々は増えていくことでしょう。

ただやみくもに運頼みでFX投資を行っても継続的に利益を上げるのは難しいので、やはりチャートの分析をするなどの努力が必要です。

機能が高く見やすいチャートソフトもいろいろ出てますしアプリも豊富ですので、しっくりくるものを少し探してみて、いつどのように売買を行うかを見極めるのがよいでしょう。

さらに、チャート分析におけるいろいろなテクニックやそれに関するレクチャーもありますので、まんべんなく知識として頭に入れておきましょう。

巷で人気のFX投資を自分でも始めてみようとする際、まずどのFX業者を利用するか、自分の投資のやり方や投資額に合う会社をしっかり考えて選ぶべきでしょう。

業者の選択によっては利益の出方も変わるかもしれませんので、熟考を重ねましょう。

大方の業者でそうなっていますが取引手数料が無料なこと、それにスプレッドが狭くて、最低取引単位が小さいところを選ぶと準備資金も少なくて済み使いやすいはずです。

それから、ネット上で使う取引ツールについてもデモを使ってみたりして一通り試してみるのがおすすめです。

多くの手法が存在するFX投資ですが「売り」と「買い」を同時に行うサヤ取りという方法があります。

サヤ取りとは相関性の高い二つの銘柄の通貨の値段に差が開いた際、割高なほうを売り、割安なほうを買うことで儲けを出すという方法です。

スワップ金利を利用してサヤ取りをする投資家も存在しますが要領を呑み込むまではどちらにしても利益は見込めないかもしれません。

とにもかくにも、システムとオーダーの出し方をインプットしましょう。

FX取引におけるシステムのひとつには強制ロスカットというものが存在します。

これは、未決済のポジションの損失が膨らみすぎて、決められていたレベルに達すると、FX会社側のシステムによって自動的に強制決済が行われる仕組みのことです。

一方的に決済されてしまうのは怖いと思ってしまいますが、強制ロスカットが行われる前にはマージンコールというものが発生し、知らせてくれるので、口座に入金し、証拠金を追加することで強制ロスカットが行われるのを避けることが可能です。

また、強制ロスカットが執行される証拠金維持率はFX業者が違えば証拠金維持率も異なるので気をつけてください。


関連記事です




Copyright (c) 2014 FXの基礎知識について学ぼう All rights reserved.

▲TOP